茶箱「I for You・宙」の使い方

五道という日本文化

五常という道具

五感という身体

五輪という自然

五彩という色

すべてを受け入れ、

丹田から宇宙に向けて

お点前するのが、

I for You・宙です。

「I for You・宙」

徳川300年の血筋の末裔である松平洋史子は、日本の長い歴史、悠久の時空を「宙/そら」と題し、日本人の真髄である「おもてなし」という無辺の思いやりの情を「I for You・宙」と表現いたしました。

日本の心のありようを、深く広く「I for You・宙」とする世界観は、利休が茶道を大成して400年、壮大な日本の精神空間である「茶室」を、より身近なものへと発展させるため、今までに無い美しい茶箱「I for You・宙」を具現化。

人間の生き方を説く五常「仁・義・礼・智・信」になぞらえた各御道具は、日本の伝統的な工芸品である漆器を中心に作りました。

その美しさは世界に名高い職人の手で生み出され磨かれ、現代的な建築要素を組み合わせて、斬新な国際色豊かな作品に仕上がっております。

日本の文化を世界へ

宇宙は生命体です。そこには秩序や調和があります。

全世界は物質・エネルギー・時間・空間で結ばれています。

物質はお茶、エネルギーはお点前、時間は過去から未来に続き、空間はそれらを包み込み、文化となります。

文化が世界平和をもたらします。

願わくは世界平和に向けて。

【五道】生き方を説く道具

茶道、華道、書道、香道、謡道

日本社会が長年に亘って作り上げてきた、振る舞いの形を表す日本文化があります。

【五常】日本文化

  茶筅  自分の身を削って人のために点てる思いやりの心

  棗   蓋と胴離れても成すべき事を行う強い心

  扇子  折り目正しく礼を尽くす感謝の心

  茶杓  匙加減ひとつでその方に合わせる賢い心

  茶椀  信じてお茶をいただく素直な心


【五感】人間の五感

視覚  茶椀を見て美しさを感じる

聴覚  音を聴いて心を落ち着かせる

触覚  手に持った茶椀の感触

嗅覚  一礼をしてほのかに香る

味覚  飲んだときの味わい

+直感 第六感で感じることこそが未来につながる

【五輪】宇宙の万物を構成する自然環境

  生命(宇宙)

  呼吸(丹田)

  太陽の恵み

  生命の維持

  実りの大地

【五彩】次世代に継ぐ色彩

黒(茶箱)    全てを統合したお茶室 

赤(赤板・茶杓) 知慧と慈悲

緑(お茶)    すべてを達成する強い生命エネルギー

黄(茶筅・茶杓) 揺るぎない力と平等心 

白(掛軸)    純粋な心と徳のある言葉

茶道が作法取得のみならず、日常生活においての身のこなしや立ち振舞に隙きのない美しさをもたらし、精神形成に関わる大きな力を持つことは周知の事実であります。

それを広く、世界にも知らしめ、人々がより多くの身近に茶道と関わっていくことこそ、茶堂の存在意義があると信じています。

茶箱「I for You・宙」は直線と平面で構成され、極めてシンプルで、なお存在感があります。

「I for You・宙」によるお点前は、亭主(主人)が立ち、御客は椅子に座ります。招かれた御客はゆったりとした時間を心地よく過ごすことができるのです。招いた主人の相手を思いやる心、出会いに感謝する一期一会の心が伝わります。

コンパクトな茶箱「I for You・宙」は、場所を選ばず、快適で興味深い茶室となります。

世界に活躍する方々への、より良い手助けとして、「I for You・宙」がお役に立つことを願っております。